矯正料金

インビザライン矯正の費用

矯正相談

無料矯正相談

歯列矯正治療の無料相談を実施しています。矯正治療を希望される方や矯正治療をするかどうかを悩んでいる方は、まず矯正相談をご利用ください。相談をしたからといって、無理に矯正検査を進めることはありませんのでご安心ください。

費用:無料

矯正検査

簡易シュミレーション

口腔内スキャナー「iTero」を導入しています。患者様の歯列をカメラで撮影した後にデジタルデータ化します。そのデータを元に矯正治療後のイメージを作成することができます。

費用:1,100円(期間限定)
精密検査

矯正治療を希望される方には精密検査を受けていただきます。歯並びや骨格それにお口の中の状態などを多角的に診断して治療計画を作成します。その後に患者様に治療計画を説明いたします。

費用:11,000円

成人のインビザライン矯正

インビザライン・コンプリヘンシブ

インビザライン・コンプリヘンシブは、永久歯列が完成した成人を対象にしたマウスピース型矯正装置です。透明で目立たないという大きなメリットがあります。また、食事の際には取り外せるので、普段と同じように生活ができます。

矯正費用:非抜歯症例 660,000円 抜歯症例 770,000円
管理費用:5,500円(月額)

中高生のインビザライン矯正

インビザライン・ティーン

インビザライン・ティーンは、おもに中高生を対象としたマウスピース型矯正装置です。成長過程にある10代は、歯の生え替わりや顎の発達など大きな変化があるため、成人を対象としたインビザライン矯正装置では治療が困難でした。インビザライン・ティーンはこのような課題を克服した中高生のためのマウスピース矯正システムです。

矯正費用:非抜歯症例 660,000円 抜歯症例770,000円
管理費用:5,500円(月額)

小学生のインビザライン矯正

インビザライン・ファースト

インビザライン・ファーストは、おもに小学生を対象としたマウスピース型矯正装置です。これまでの小児矯正装置とは異なり、「顎の成長をコントロールする」機能と「歯を動かしてキレイに並べる」機能を同時に働かせるというメリットがあります。

矯正費用:440,000円
管理費用:3,300円(月額)

前歯部のインビザライン矯正

インビザライン・ライト

インビザライン・ライトは、前歯部の軽度の不正歯列を改善するためマウスピース型矯正装置です。例えば、前歯の軽度の叢生(でこぼこ)や軽度のすきっ歯など前歯部のみの部分矯正に適しています。全体的な歯並びではなく部分的な歯並びを改善したいと考えている方には、最適なマウスピース矯正の選択肢です。

矯正費用:440,000円
管理費用:5,500円(月額)

保定装置

インビジブル・リテーナー

動的矯正治療の終了直後は、歯の周囲の顎骨が安定していないため歯は動きやすく、治療前の位置に戻ろうとします。この後戻りと呼ばれる症状を防ぐ装置としてリテーナーが必要です。つまり、リテーナーは矯正治療後の歯並びを美しく保つための装置と言えます。インビジブルリテーナーは、マウスピースタイプなので、透明で目立ちにくい特徴があります。インビザライン矯正を行った患者様に扱いやすい保定装置です。

費用:33,000円(1装置につき)
ベッグ/ホーレー・リテーナー

動的矯正治療後の後戻りを防ぐためのポピュラーな保定装置(リテーナー)です。ベッグ・リテーナーおよびホーレー・リテーナーとも、取り外し式の保定装置で、裏側がプラスチック、表側が金属のワイヤーで出来ています。ベッグは歯列全体を、ホーレーは主に前歯部の後戻りを防止します。

費用:33,000円(1装置につき)

支払方法

お支払いは現金・クレジットカード・デンタルローンがご利用いただけます。

医療費控除

矯正治療は医療費控除の対象になります。医療費控除はご自身や生計を共にするご家族のために医療費を支払った場合に受けられる所得控除です。毎年1月1日〜12月31日に支払った分を翌年3月15日までに確定申告をすると、医療費控除が適用されて税金が還付されます。医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高200万円)です。

無料矯正相談の予約・お問い合わせ

月・火・水・金/10:00~14:00 15:30~19:30

土/10:00~13:30 15:00~17:30

休診日:木曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せはこちら

06-4809-1182
西谷歯科クリニック
06-4809-1182
診療時間
10:00~13:00 / 14:30~19:30(平日)
10:00~13:00 / 15:30~17:30(土曜)
休診日
木曜・日曜・祝日
アクセス
阪急京都線「上新庄駅」北口出口すぐ